« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月25日 (土)

Jリーグ 第17節、第18節

Jリーグ 第17節 vs アビスパ福岡

もう本当に下位争い…。
16位と18位だっけかな(いいかげん)
3-0で勝ちました。

福岡はたしか勝ちなしのダントツ最下位…。
負けるわけには行けないんだけど
やってみないとわからないのが浦和レッズ…だから
正直不安だったけど勝てて良かった。

18 加藤順大

5 高橋峻希
4 スピラノビッチ
17 永田充
14 平川忠亮

13 鈴木啓太→山田暢久(67分)
27 小島秀仁
22 山田直輝
10 マルシオ リシャルデス

11 田中達也→柏木陽介(79分)
29 マゾーラ→エジミウソン(71分)

SUB
1 山岸範宏
3 宇賀神友弥
6 山田暢久
8 柏木陽介
7 梅崎司
9 エジミウソン
21 原一樹

埼玉スタジアム2002:20240人 主審:吉田寿光

-------------------

Jリーグ 第18節 vs 名古屋グランパス

見てない試合なんだけど
0-0で引き分け。

後半ロスタイムで相手がハンドしたらしくPKもらって
追いついたらしい。
にしてもその時間が…。
そんなにロスタイムがあったのか…って時間でした。

18 加藤順大
5 高橋峻希
4 スピラノビッチ
17 永田充
14 平川忠亮

13 鈴木啓太→マゾーラ(61分)
6 山田暢久
22 山田直輝
10 マルシオ リシャルデス→原口元気(26分)
21 原一樹

11 田中達也→梅崎司(77分)

SUB
1 山岸範宏
3 宇賀神友弥
27 小島秀仁
8 柏木陽介
7 梅崎司
29 マゾーラ
24 原口元気

豊田スタジアム:28515人 主審:扇谷健司

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

Jリーグ 第16節 vs 清水エスパルス

1-3で負けました。

18 加藤順大
5 高橋峻希
2 坪井慶介→原一樹(34分)
17 永田充
14 平川忠亮
13 鈴木啓太→マゾーラ(60分)
6 山田暢久
8 柏木陽介
10 マルシオ リシャルデス
11 田中達也→梅崎司(69分)
9 エジミウソン

(sub)
1 山岸範宏
3 宇賀神友弥
20 堀之内聖
22 山田直輝
7 梅崎司
29 マゾーラ
21 原一樹

勝てないなぁ…、てか、勝てる気がしないなぁ…。
なんとなくJ2が見え始めました。

うーーん、悪夢再び…になってしまうのか。

どうして直輝を使わないのかがわからない…。
直輝をスタメンに入れるべき。
今は元気はU-22でいないけど、
直輝、峻希、元気はスタメンにいないとおかしいでしょ。
この3人がピッチ上で動きまわってくれたら今と別のチームになると思う。

日本のサッカーもどんどんスタイルを変えているのだから
それにマッチした試合をしていかないと勝てない…。
っていうかほんと、まだチームにすらなっていないと思う。

シュート数もFK数もうちの方が多かったのに。
CKでもあのショートCKの意味が良くわからない…。
効果的とは思えない…。

相手のFKはすごかった…。
2発とも同じような感じで同じように決められてしまった。

次節は勝ちなしの福岡とかぁ、
そこで負けたら、もうJ2間違いなしな感じだなぁ。

埼玉スタジアム2002 :31921人 主審:西村雄一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

Jリーグ 第14節 vs 大宮アルディージャ

2-2で引き分け…3連勝とは行かなかった。

第11節 セレッソ大阪 1-1
第12節 鹿島アントラーズ 2-2
第13節 アルビレックス新潟 1-1
第14節 大宮アルディージャ 2-2

リーグ戦4引き分け…ドロー沼にはまっちゃったかなぁ。

18 加藤順大
  5 高橋峻希
  6 山田暢久→スピラノビッチ(66分)
17 永田充
  3 宇賀神友弥

13 鈴木啓太→マゾーラ(72分)
  8 柏木陽介
10 マルシオ リシャルデス
24 原口元気

16 高崎寛之→田中達也(HT)
  9 エジミウソン

SUB
  1 山岸範宏
  4 スピラノビッチ
14 平川忠亮
20 堀之内聖
22 山田直輝
29 マゾーラ
11 田中達也

同じ埼玉県、いや、今やさいたま市にある二つのチーム。
毎年ダービーと称されて、やたら盛り上げようとされる。

とは言えJリーグ発足の年にはいなかったチームなので
私からみると「後から来たチームだよね」感はぬぐえない…、
なのになんだかダービーとか騒がれるとえ?って思う。
J2にいた時は生ぬるい目で見れてたんだけどね。

とは言え、今年の成績は大宮の方が上にいるので
ちょっと一発やっちゃいましょう的な気分でナクスタに乗りこみました。
(ゴール裏ではないチケットでしたが)

前半、浦和が支配しているようだったのに
ひょろっとした外人に低い位置でのヘディングを決められて失点。
その後、同じように低い位置でのヘディングでもう一点取られて
前半に2失点…。

後半にPKをもらって決めて、その後、元気の神シュート。
ゴールエリア内で相手選手に突き飛ばされて転びながらもシュート。

最近は元気やマゾーラの強行突破が多くて
それに対しての批判もあるようだけど
パスサッカーが基本でもうまく機能できない時には
バカの一つ覚えみたいに固執しないで
選手の判断で動く事も可なのではないかと思う。

昨日の試合でもゴール前までうまく細かいパスで詰めていっても
誰もシュートしない(出来ない)状況が続いてたし
あまりに続くと攻撃全体のリズムが悪くなっちゃうんじゃないかと思います。
同じリズムの攻撃ばかりしていると相手に読まれやすくなるし
先回りばかりされてイライラする…って事はさんざんやられてきたから
私個人としては元気やマゾーラの存在は窓を開けて空気の入れ替えするみたいに
停滞しているチームの空気を変えてくれる存在だと思っています。

15日の広島はさすがに行けないけど…、
週末のさいスタにはまた行きます。
伸二が来るのね…複雑だわ~。

歌え浦和を愛するなら
キメろ浦和の男なら
オー浦和レッドダイアモンズ ラララララララ
オー浦和レッドダイアモンズ ラララララ

NACK5スタジアム大宮:12221人 主審:家本政明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

ヤマザキナビスコカップ1回戦第1節 vs モンテディオ山形

2-0で勝利

18 加藤順大
  5 高橋峻希
  6 山田暢久
17 永田充
  3 宇賀神友弥

13 鈴木啓太
  8 柏木陽介→田中達也 57分
10 マルシオ リシャルデス
24 原口元気

16 高崎寛之→マゾーラ 67分
  9 エジミウソン→山田直輝 83分

今日は久々の勝利でうれしいのはもちろんなんだけど
直輝の復活がその嬉しさを倍にしてくれた。

今日はみんな頑張っていたと思う。
細かいパスを良くつないで行ってたと思うしシュート数も多かった。
やっぱりシュートはあまり考えすぎずに打って欲しいと思う。
打たなきゃ入らないし、慎重になり過ぎて相手にとられるんだったら
打っちまえ~ってのが私の考えです。

マゾーラの独りよがりにも見えるドリブル&シュートも見てて面白い。
ああいう選手がずっといなかったから新鮮な気がする。
元気とマゾーラ両者ともガンガン攻め上がってほしいっす!

とは言え、真ん中がぽっかり空いてしまうところはだいぶ気になるんだけど…、
リーグ戦前にうまく修正してほしいなと思います。

直輝は本当に素晴らしい選手…、
久々に見たけどやっぱり凄いの一言。
何もかもが素晴らしかったなぁ、
天才ってこういう人の事なんだろうなぁって思った。
早く完全復活できる事を願わずにいられない。

そしてU-22に元気を取られてしまうのは痛い…、
峻希を取られなかった事は
うちにとってはラッキーな事だと思ってるけど
本人は行きたいんだろうなぁ…。

埼玉スタジアム2002:23275人 主審:飯田淳平

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »