« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »

2008年12月 6日 (土)

Jリーグ第34節 vs 横浜Fマリノス

1-6で負けました。

なにも最終節で、そこまで点をあげなくても…っていう負けっぷり。
シーチケ席では相手の5点目くらいから
「きれいなシュートだなぁ」って手をたたく人たちまで現れた…。
トホホだけどそのくらい、いいようにやられてた。
正直、早く試合が終わることを望んじゃったよ…。
選手たちのプライドは傷ついたと思うけど
それをバネに次のシーズンを戦ってほしいと思う。

今のレッズは、チームとしての形がない。
オフトが作り上げたものは今年で崩壊したと思う。
来年はまた一から丁寧にチームを作ってくれる
そういう監督とコーチ、スタッフを呼んできてほしい。
(もうだいたい決まっちゃってるけどさ)

----------------------------------
今日は長いことレッズに貢献してくれた
岡野とうっちーとのお別れの日でもありました。

無事に出場機会を与えられた岡野の為にも
怪我で出場できなかったうっちーの為にも
勝ってほしかったんだけど…大負けしてしまいました。

今日の試合で今シーズンは終了なので試合後、
全選手がピッチに出てきました。

初めに社長のあいさつ…大ブーイング。
だれも社長の話なんか聞いてなかったと思う。

次に岡野のユニークな挨拶とうっちーの涙に詰まる挨拶
涙なしではいられませんでした。
岡野はもしかしたらほかのチームで拾ってもらえるかもしれないけど
うっちーはこのまま引退するんじゃないかな。
浦和のスタッフになってくれたらいいんだけど。
まだ子供も小さいし、サッカー選手の引退後ってすごく心配。

全員でゆっくりとスタジアム一周しながら挨拶。
マリノスサポーターも何人か残ってて
岡野に声をかけてくれていた。
ジョホールバルの歓喜を知っている人たちなのかも。

北ゴール裏へ行くと、岡野もうっちーもユニを脱いで
コールリーダーと交換したりして別れを惜しんでいた。
その後コールリーダーは他の選手にも
「来年も頑張って、おれたちはどこへでも応援に行くから」
みたいなことを言っていた。
そう、どこにでも行くんだよね本当に。
泣いたり、笑ったり、怒ったり…、
選手にしたらうれしいことばかりじゃないと思うけど
それでも、どこにでもいくから。
おれも行ける限りはいくから。

また来年もよろしくな!!!

埼玉スタジアム2002:53583人  主審:奥谷彰男

明日は後援会の納会なんだけど
岡野とうっちー来ないかなぁ…ってちょっと期待してます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »