« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月14日 (水)

ACL AFCチャンピオンズリーグ2007 決勝・第2戦

と、言うわけでアジアチャンピオンになりました。

何度も言うようだけど、Jのお荷物といわれ、万年最下位だった浦和レッズが
アジアのチャンピオンですよ。
こんな日が来るとは誰が予想してたでしょうか!!!
俺たち、うぃ~あ~くらいじゃないでしょうか!!!

とにかくチャンピオンですって!!!

今日も会社が終わってからダッシュで駆けつけたけど
惜しいところで間に合わない・・・。
スタジアムへ向かう道を半走りの中、「選手入場です!」の声が・・・。
アッパーであげているイベントの赤白が見える。

そこから自分の席まではまだまだ遠いんです。
それでも半走りで(全速力なんて無理ですから)席へ。

もうね、今日の埼玉スタジアムの雰囲気をみんなにも感じて欲しいくらい
すごいサポートだったよ。
こんなにすごい声を今まで一度も聞いたこと無い・・・、
いつもゴル裏ばっかりで指定席からの声は少ないんだけど
今日ばかりは違ってたよ。
まじ360度、ピッチに向かってものすごい声、声、声。

そのサポートっぷりに対して試合内容はどうだ??
いいんじゃない!すごくよく走ってるし!
そしてそして永井のゴーーール!!!!
普段ちんたらしてそうに見えるけど、肝心のところは押さえてくれます!!
これでさらにサポーターの声が大きくなって
ますます浦和ペース。
でも、さすがセパハン・・・後半はガンガンに攻めてきましたよ。
最近、後半の立ち上がりで痛い目にあってるから、サポーターも今日ばかりは
後半のホイッスルと同時に「We Are Reds!!」の大コール。
選手の気も引き締まったんじゃないかなと思う。
しかーし、終始押され気味になってラインがずるずると下がってしまう。
中盤が薄くなって相手がボールを奪うとスルスルとゴール前まで
簡単に運ばれてしまう・・・。
それでも阿部ちゃんがゴールを決めて2-0に。
ますます守りに入っちゃったのかラインが~!
そんな時!ロビーに変わってうっちーの登場だ。
下がったラインを修正して、だいぶ良くなったんじゃない?
そして後半20分くらいから電池切れちゃったみたいになってた
永井に変わって達也登場~。
その達也の走ること走ること・・・、もうちょっと早めに入れて欲しかった。
そしてロスタイムに入ってから岡野登場~!!!!
あんなちょびっとでも見せ場を作るのが岡野のいいところ!!!

そしてタイムアップ。
優勝しましたよ、セパハンはフェアないいチームでした。
すごく早くて何度もヒヤヒヤしました。
準優勝のメダルをもらう時は会場中から拍手がわいてました。

CWCのレッズ初戦は、平日の上に名古屋なんだよ~。
無理に決まってるじゃないか!!
次は横浜国際スタジアムでミランだよ。
横浜国際スタジアムは今は「ニッサンスタジアム」って言うんだけど
CWCの主催がTOYOTAなもんだから「ニッサン」って使えなくて
「横浜国際スタジアム」って書いてあるんだよ。
TOYOTAも心が狭いよね~、でもって優勝チームのスポンサーは
三菱自動車だしね。

ミラン戦はもうカテ2以上しかなくてカテ2で14000円もするんだよ。
しかも平日の19:30キックオフって・・・。
どうする貧乏人なオレ!!

埼玉スタジアム2002:59000人  主審:ラフシャン・イルマトフ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

Jリーグ第31節 vs 川崎フロンターレ

今日は等々力のチケットが買えなかったので
浦和にあるレッズサポ御用達の一軒、URAWAPOINTに行って見ました。
http://www.urawapoint.com/

試合開始前、等々力にはフロンタ君もピーカブーも
なんだか犬みたいな着ぐるみもいて楽しそう。

フロンターレ戦はいつも厳しくもいい試合が多いんだけれど
今日はさすがにいい試合とは言えない試合運び。
その上、主審のジャッジがどうも意味不明で、レッズサポのみならず
フロンターレサポも「?」だったんじゃないだろうか。

フロンターレの若者に先制されるとその後運良くPKをゲットして
ワシントンが決めてくれた・・・でも、ベンチではオジェック(監督)が激怒。
監督の指示ではPKはロビーが蹴るって事だったらしい。

後半に入っても川崎に押されっぱなしの試合運び。
遠征の疲れもあるに違いないけど
それにしても「負けなくてよかった」っていう試合だった。

最後の最後にワシントンがなんだかすごく怒ってたけど
あれは怒りすぎだと思う。
赤が出るんじゃないかとヒヤヒヤした。
赤の変わりにうっちーが出たからいいけどさ。
(本当は岡野が出る事を期待してたんだけどね。)
どんなプレーをされても選手が激怒してはいけないと思う。
代わりにわしらが怒るから選手は冷静にね!

ジュニーニョの怖さを改めて感じた・・・けど
来年浦和に来るという噂もあって
「是非来て欲しいね」っていう話し声がどこからか聞こえてきてた。

071111_reds_b3 試合終了後、ボルテに行ってお買い物。
浦和駅ではちゃんと発車音もじかに聞いて充実した一日でした。

等々力陸上競技場:23355人  主審:松尾一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »