« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

Jリーグ第30節 浦和レッズ vs 名古屋グランパスエイト

うーーん、つまんない試合だったような・・・。
この間ACLの緊張感あふれる試合を見たせいか
今日の試合はなんだか気の抜けた試合に見えてしまった。
シュートの数なんて90分で4本だよ~。

前半は両チームとも緊張感がなかったような気がする。
後半になって名古屋がかなり攻めてきて
浦和も目覚めたかと思ったけど、そうでもなく。
本当に目覚めてたのは最後の15分くらいな感じだった。

まあ、負けなくてよかったけど、試合の内容は
1位対13位っていう試合の内容じゃなかった。
むしろ名古屋の方がどん引きのカウンター狙いとはいえ
いいチャンスを作ってたんじゃないかな。

071028_reds_b1 次はスカッと勝って欲しいなぁ。
でも等々力のチケットないので、余ってる人いたら
譲ってください~(切実)

埼玉スタジアム2002:52314人  主審:吉田寿光 

PS:うっちーのオーバーヘッドパスにはニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

ACL AFCチャンピオンズリーグ2007 準決勝第2戦 vs 城南一和

何とか勝ちました・・・。
本当に、なんとか・・・って感じの試合でしたよ。

ボールは双方のチーム間を取って取られて、また取って・・・の
繰り返しだったのだけど、
前半1-0で折り返したときはこのまま逃げ切れるのかと思ってた。

相手チームの後半の動きは、こちらが疲れるのを予想しての
動きだったんじゃないかな。
とにかく、ボールを奪ってからの切りかえしが早かったし
多分後半に全てかけてきたんじゃないかと思う。
ほとんど相手のペースで、ボールのキープ率も
相手のほうが上回ってた。
コンパクトなパスも良くつないでたし
何度もゴール前に運ばれてヒヤヒヤさせられた。

それでも乗り切れたのはやっぱりさいスタだったからかもしれない。
5万人のレッズサポーターが一丸となって声を出していたと思う。
響き渡る「We are REDS」はすごかった。

90分で決着がつかず、延長でも勝負がつかず
PK戦ではじめの5人のうち都築が一人止めたから
何とか勝つことが出来た。
あの時の都築は神だったよ~。      

071024_reds_b1 そうして決勝にコマを進めることが出来た
アジアチャンピオンに輝いて欲しいなぁ!!!
って言うか、輝かせるぞ~!!!

残念だった事:またキックオフに間に合わなかった。
古沢先生のシークレットサイン会にも間に合わなかった。

埼玉スタジアム:51651人 主審:サード カミール アルファドリ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

Jリーグ 第28節 浦和レッズ vs 大分トリニータ

今日の試合が厳しくなる事は誰もが知っていたと思う。
リーグとACL二本立ての日程と、苦手なトリニータ・・・。
でも、勝ってくれると信じていたさ。

キックオフから1点取るまでは早かった。
永井がいい動きをしてワシントンが決めた。
そのまま逃げ切れるかと思っていたけど
そう簡単には勝たせてもらえなかった。
こちらの疲れを見越してか、大分の選手は走る走る・・・。
しかも主審は変なタイミングで試合を止めるから
選手もサポーターもストレスがたまるたまる・・・。
それでもいくつかの危機を何とか乗り越えて
逃げ切ってくれよ・・・と思った後半・・・あれ?って感じで
あっさり同点にされる。
ところがそこからのレッズがすごかった。
同点にされて10分もしないうちに再びワシントンのゴール。
そのまま逃げ切って勝利となりました。

071007_reds_b1 次の試合は20日のジェフ戦。
少し間があくから、選手には充分な休養を。
ジェフ戦はフクアリでやるからチケットが買えなかった
発売当日の朝にロッピーに行ったけど「完売」の文字が(涙)。
まあ、ホームのチケットでさえ駒場でやる時は買えない浦和サポですから
「あ、やっぱり・・・」って。
11月の川崎戦だってきっとチケット買えないんだろうなぁ。

フクアリのチケット余っている人がいたら譲ってください~!!

今日の失敗:10月1日から浦和駅の発車メロディが
浦和レッズオフィシャルサポーターズソング『Keep On Rising』に
変わっているはずだから聞かなくちゃと思ってたのに、忘れちゃった。
行きは電車降りてすぐ改札へ行っちゃって、
帰りは駒場からバスで違う駅へ出ちゃって・・・(ダメじゃん)
今度ボルテにでも行く時に聞こうっと。

さいたま市浦和駒場スタジアム:18511人 主審:柏原丈二

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »