« ACL予選 vs ペルシク ケディリ(インドネシア) | トップページ | J1 第5節 vs ジュビロ磐田 »

2007年3月12日 (月)

J1 第2節 vsアルビレックス新潟

2007/03/11

とにかく寒いよ~。
「国境の長いトンネル抜けると雪国であった」は
何度も見ているけど、スタジアム周辺はそうでもないから
今回も安心してたけど・・・。
070311_reds_b4_1 着いた時は曇ったり晴れたりだったのに、そのうち雪が
しかも大粒どころかヒョウとかアラレとかの大きさ?
さらに横殴り・・・で顔に当たると正直痛いです。
でも、そんな中、戦う選手には熱い声援を!!
前半は連携も良くなりつつあるんじゃない?
得点の匂いがするんじゃない??
って感じで進んで、30分に永井のゴール!
といってもあっち側のゴールだったから
「入ったの?入ったみたい・・・入ってる~」的な
どわーー!!って喜んでないゴールだった。
その1点のまま前半は終了。

070311_reds_b2 天気は横殴りかと思えば晴れ間が現れて日が差したり
油断してるとまた横殴りがやって来たりと
落ち着きがなく、ポンチョを脱ぐ事は出来ない。

後半も流れは良くて、ワシントンが追加得点を取り
そのまま「あー今日は勝利だなぁ!」と
選手もサポーターも監督もコーチも全員思ってたじゃないかと思う。
相手が選手交代してきても「あ、どうぞどうぞ」って感じで。
ところがその選手交代した選手たちに見事にやられました。
活きがいいのが入って来たとたんに、こっちは防御ばっかりになり
あれよあれよボールをまわされて1点取られた。
まあ、残り時間はあとわずかだし、何とか逃げ切ってくれるものと
信じていたのに・・・。
福田がゴール喜んでるすきに1点取り返されたのと
同じくらいの速さでもう1点取られました。
90分のうちの本当に残り3分くらいのところで2点取られた!
1点取られたその後1分以内くらいに追加点取られた!!!

なにやっとるんじゃ!浦和レッズ!

と、おもいつつ、自分も「今日はもう勝つに決まってるなぁ~」
等とぬるーーい考えに浸っていたのも事実で
070311_reds_b3 これは大いに反省すべきかな。

当然大ブーイング

東北電力ビックスワンスタジアム:40524人   主審:東城穣

|

« ACL予選 vs ペルシク ケディリ(インドネシア) | トップページ | J1 第5節 vs ジュビロ磐田 »

コメント

お疲れ様でした〜〜〜〜!!!!!!

寒かったらしいですよね〜。聞いただけでビビりましたよ、ワタシ。
新潟の人でもこの時期にこの天候はびっくりだったらしいですね。

リアルタイム速報見てて、「あっ!永井ゴール!?やった〜!3試合連続だ〜」
「おおっ!ワシントンやっとか!これでもらった!!」と浮かれて・・・。
ちょっと洗い物などしてパソコンの前に座ったら。
「え?!アレ?一点返されてる〜?」と思う間もなく2−2に・・・・・・。
ワタシも慢心していました・・・。
深く反省して、やはり3点リードしてても心配性なサポに戻ります。

いくら去年とほぼ同じメンバーとはいえ、監督も変わったし、闘い方も違うんでしょう。選手はまだ試行錯誤の真っ最中なのかもしれません。
ここから一週間お休みも取れるしもう少し連携を深める時間もあるでしょう。
甲府戦はタイムアップの笛が鳴るまで安心しませんっ!

投稿: ねこのかいぬし | 2007年3月12日 (月) 23時09分

☆ねこのかいぬしさま
そうそう、明らかに「慢心」ですよね~。
やっぱり、今年も安心はさせてくれないチームでした。
それでこそ浦和レッズ(笑)

初戦は「J2上がりのチームに初勝利とかいうプレゼントはなし」に
って言う変な緊張感がこっちにもあったのですが
まあ、とりあえず勝って、インドネシアにもまあ勝って・・・だったから
今回2点取ったときに「もう勝ったな・・・」って。
この経験を生かして「おうちに帰るまでが遠足」と同じようにね
ホイッスルが鳴るまでは試合中ってことで
気を引き締めていきましょう(笑)。


投稿: ノエル | 2007年3月13日 (火) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105084/14234456

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第2節 vsアルビレックス新潟:

« ACL予選 vs ペルシク ケディリ(インドネシア) | トップページ | J1 第5節 vs ジュビロ磐田 »