« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月12日 (月)

J1 第2節 vsアルビレックス新潟

2007/03/11

とにかく寒いよ~。
「国境の長いトンネル抜けると雪国であった」は
何度も見ているけど、スタジアム周辺はそうでもないから
今回も安心してたけど・・・。
070311_reds_b4_1 着いた時は曇ったり晴れたりだったのに、そのうち雪が
しかも大粒どころかヒョウとかアラレとかの大きさ?
さらに横殴り・・・で顔に当たると正直痛いです。
でも、そんな中、戦う選手には熱い声援を!!
前半は連携も良くなりつつあるんじゃない?
得点の匂いがするんじゃない??
って感じで進んで、30分に永井のゴール!
といってもあっち側のゴールだったから
「入ったの?入ったみたい・・・入ってる~」的な
どわーー!!って喜んでないゴールだった。
その1点のまま前半は終了。

070311_reds_b2 天気は横殴りかと思えば晴れ間が現れて日が差したり
油断してるとまた横殴りがやって来たりと
落ち着きがなく、ポンチョを脱ぐ事は出来ない。

後半も流れは良くて、ワシントンが追加得点を取り
そのまま「あー今日は勝利だなぁ!」と
選手もサポーターも監督もコーチも全員思ってたじゃないかと思う。
相手が選手交代してきても「あ、どうぞどうぞ」って感じで。
ところがその選手交代した選手たちに見事にやられました。
活きがいいのが入って来たとたんに、こっちは防御ばっかりになり
あれよあれよボールをまわされて1点取られた。
まあ、残り時間はあとわずかだし、何とか逃げ切ってくれるものと
信じていたのに・・・。
福田がゴール喜んでるすきに1点取り返されたのと
同じくらいの速さでもう1点取られました。
90分のうちの本当に残り3分くらいのところで2点取られた!
1点取られたその後1分以内くらいに追加点取られた!!!

なにやっとるんじゃ!浦和レッズ!

と、おもいつつ、自分も「今日はもう勝つに決まってるなぁ~」
等とぬるーーい考えに浸っていたのも事実で
070311_reds_b3 これは大いに反省すべきかな。

当然大ブーイング

東北電力ビックスワンスタジアム:40524人   主審:東城穣

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

ACL予選 vs ペルシク ケディリ(インドネシア)

平日の試合はキックオフに間に合いません・・・。
でも1点目入るちょいと前にはスタジアムにつけました!!
めでたしめでたし・・・じゃなくて

そんなんでいいのか~!!!

と言わずにおれない試合でした。
相手はドン引きだけど、どんだけのチャンスを棒に振ったか。
あと10点くらい入っててもおかしくないでしょ・・・。

相手はダメダメちゃんだったし
都築はものすごくヒマそうだった。
相手エリアでずうーーーっとボールまわしてて
おもしろいようにパスがつながってるのに
なんで3点しか入らないんじゃ!!!

でもってなぜか日頃ぬるい南側でブーイングされてました。

相手監督のコメント
まずは、浦和レッズには「おめでとう」といいたいと思います。
2つ目に、われわれが負けたのはレッズに対して、
うちの選手が怖がっていたためである。
3つ目に、気候の問題(寒さ)で、選手たちはあまり動けなかった。

3つ目は結構大きいと思ってたんだ~。
そんなだからさ~、あと10点は言ってもおかしくなかったよ、マジで。

070307_reds_b1 アウェイでは逆に気候とピッチに悩まされると思うから
それを考えたらホームで取れるだけ取らないと・・・。
その辺がまだまだ甘いぞ!浦和レッズ!

埼玉スタジアム2002:31303人   主審:キム ドンジン 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

J1 第1節 vs 横浜FC

070303_reds_b4 あー、いよいよ開幕です!!!
今年もまた熱い日々が始まると思うとワクワクで!
・・・と、言いたいのだが・・・。
この一抹の不安はいったい・・・。
うーーん、不名誉な記録の樹立になりませんように・・・等と
美園からスタジアムまで話しつつ歩く。

選手紹介、相手チームのKING KAZはスタメンにいなかった。
でもサブでその名前を呼ばれた時、久保より大きな
ブーイングだった。

試合内容は相手が今年昇格してきたチームってことを抜きに
考えたら、すごくおもしろかった。
まずポンテのクロスを交わそうとした相手がオウンゴール。
いい時に1点もらえて逃げ切れるかと思ったら
前半終了近くに久保のゴール。
久々に見たドラゴンらしいゴール。
あの距離とあのタイミングでシュート打たれるとは思わなかった。
ネットがゆれた時こっちは口があんぐりとしちゃったよ。
すげ!!って一言思わず出ちゃった。

後半も浦和ペースなんだけど、点が入らない。
またしてもゴール前でパスばっかり・・・
誰かシュート打っちゃってよ~・・・
お前が打てよ
お前がやれよ・・・ってな感じでしょうか。

このまま引き分けじゃさ~
こっちの点は相手がくれたやつだしさ~
って思い始めた終了間際
やってくれましたよ、永井が!!!
あーーー、永井ありがとう~(喜)
永井本当にありがとう~(涙)
ってマジ泣けましたさ。

そして試合終了。
気持ちよくWe are diamondsを歌って帰路へ。

開幕戦って事でスタジアムには5万人を超える観客が集まった。
今年は毎回このくらい集まると良いな。
まー、そりゃ無理だろうけどさ。

気になる選手たちとしては

伸二:やっぱうまいなぁ。時々気が抜けるようなパス出すのはいかんなぁ。

阿部:トラップとかヘッドの競り合いとかうまい。完全フィットには
   もうちょっとかかりそうだけどうちに来てくれてありがとう。

永井:今日はいつもよりよくボール追っかけてた。ゴールありがとう!

暢久:うちの勝利は暢久次第だと思ってる。
   今日の右サイドは良かったと思う。

ワシントン:チームの勝利を考えるより得点王になる事を
      考えて欲しいと心から思う。

おまけ:レディアとフレンディアの子供達の名前が決まったみたい。
    男の子はシャーレ君だかシャーレー君
    (マイスターシャーレから取ったらしい)
    女の子はディア何とかだったけど忘れちゃった。

070303_reds_b1
埼玉スタジアム2002:57188人      主審:柏原丈二 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »