« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月23日 (土)

Jリーグ 第24節 vs s-pulse

060923_reds_b1 頂上に登りつめるために負けることは絶対に出来ない。
って言うか、勝たなければならない!
緊張した中で試合は開始された。
双方ともに攻撃的で、でも今ひとつ決められずにいた
前半16分にワシントンのまた抜きゴール!!!
このまま大量得点に行けるかと思ったが甘かった。

そんな緊張の前半途中でなぜかピッチ上に鳩が・・・。
のんきに虫をほじくって食べてるみたい。
そこへ選手たちがドドドドッってやってきて
鳩危ない!と思ったら空へ飛んでいった。

浦和優勢で攻めていたと思うが、結局1-0で前半終了。

後半開始したら、なんと鳩が2羽になって戻ってきた。
そしてまたピッチ上でご飯食べてる。
今度は選手たちがドドッて来るたびに少しよけて
少し飛んで・・・を繰り返してピッチから飛び立つ事は無かった。
選手たちが流れで来るたびに
「鳩危ない!」「鳩邪魔だ!」ちょびっと飛んでよける鳩に
「鳩!飛べるじゃねぇか!」等の野次が飛んで笑っちゃってました。

試合の方は相変わらずお互いに攻めてはいるものの
得点に結びつかず。
浦和にも何度もチャンスがあって、相手にも何度もチャンスがあったけど
結局点には結びつかなかった・・・。

そして鳩たちは最後までなんかほじくって食べてるみたいだった。

ワシントンのシュート!とめられて、達也のシュート!とめられて
またまたワシントンのシュート!とめられて・・・のとこでは
深いため息派と、笑っちゃてる派がいて、おもしろかった。
最後のほうのゴール前でクリアしたら相手選手に当たって
危うくゴールしそうな時も、怒る派と笑う派がいたが
とりあえず入らなくて良かった~!!!
060923_reds_b2

で、結局1-0のまま終了。

今日のヒーローインタビューは闘莉王でした。

060923_reds_b3 お疲れ様でした。

埼玉スタジアム2002:48378人         主審:松尾 一

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年9月16日 (土)

Jリーグ 第23節 vs sanfrecce

060916_reds_b1 今日はスカッとやっつけて、
次節の清水戦に弾みをつけなくちゃ。
なーんて思いつつキックオフ。
前半、出だしの攻撃は本当にいい感じだった。
だけど点が入らない~。
イライラ・・・してた35分闘莉王の爆裂シュート!で1-0
一気にスタジアム内が盛り上がる。
ああそれなのにわずかその4分後に1点取られて同点。
そのまま前半終了。
後半は何だかパッとしないレッズ。
中盤のプレス・・・効いてないとかじゃなくて無い・・・って感じ。
相手のゴール前までボール運んで決められないと
次の瞬間には浦和のゴール前のボールを運ばれてる。
ちょっとちょっと・・・って言ってる間にもううちのゴール前。
何度も危ないシーンがあった。
入らなくて本当に良かった~。
もうこのまま引き分けなのかよ~、
上位チームに離されちゃうのかよ~・・・って
泣きたい気分の時に暢久のゴーーール!!!!
暢久もうれしそうだったけど、サポーターもマジで
うれしかった!!!!!

そのまま試合終了。
某国も、ガンバも勝ってるからね。
そのことわかってての試合だったからレッズの選手も
プレッシャーだったかも。060916_reds_b2

なにはともあれ本当に、勝ててよかった~。

残念ながら今日はうっちーの出番は無かったけど
いつも楽しみに待ってるからね~。

埼玉スタジアム2002  :39123人  主審:穴沢 努

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006年9月10日 (日)

Jリーグ 第22節 vs ardija

今日はさいたまスタジアムで開催だけど大宮のホームゲーム。
浦和はアウェイなんだけど、応援する場所はいつもと同じ場所。
普通はメインから見て左がホームチームのサポーター
右はアウェイチームのサポーターなんだけど、大宮はいつも
アウェイ扱いされている場所の南ゴール裏をホームでも使ってる。
なぜならそこのゲートの表示されているカラーがオレンジで
自分のチームカラーだかららしい。
だからますますアウェイ感がない・・・。ホームみたい・・・。

060910_reds_b1 細かいことを言ったら違ってるんだけど
試合中はほとんどホームの状態だ。
まあ、個人的なことを言うと今日はシーズンチケットが使えないから
座る席がいつもと違うってことはあるけどね。

昨日の時点でガンバもフロンターレも勝っているから
今日勝っても3位は変わらない。
でもここで引き離されたくないから、何としても
勝ってもらわなくっちゃ!!

で、試合は前半から浦和のペースで突き進む。
開始5分しないうちに長谷部が相手に倒されやばそうな状況。
サブのうっちーが軽く準備に入る・・・もう交代??
って思ったら長谷部が立ち直ってピッチに復帰。

何度もチャンスがあるのに点が入らない。
大宮も少ないながらも得たチャンスを生かせない。
0-0で前半終了かと思ったらギリギリでワシントンが決めた。
けど、足が痛そうで得点した喜びを表現できるような状態じゃなかった。
どんな風にもつれたのか、シュートの時か、その後か・・・
現場で見てるとさっぱりわからない。
シュートが入った、その後ワシントンが痛そうにしてたって事だけ
しかわからなかった。

1-0で前半終了~。
後半は大宮が一気に攻め立ててくる・・・けど何とかしのいで
また徐々に浦和ペースへ。
これまたチャンスはあってもシュートが決まらない。
暢久に変わってポンテ、アレに変わって相馬と
カードを出しては行くが状況は同じ。
そしてワシントンに変わってうっちー!!!!
あー、久々にうっちーの走る姿を拝みましたよ。
相手ボールをクリアした時、足痛そうにしててちょっと心配だったけど
その後また元気に走り始めた。
ロスタイムに入って少ししたらうっちーが自分の左手首あたりを
右人差し指で指して審判に「もう時間じゃないですか?」とアピール。
指を横に振りながら「まだまだおわりじゃないよ」と言わんばかりの
審判の態度。
で、結局いつ終わりになってもおかしくないようなところで
永井のゴーーール!!!
で、2-0で勝ちました。
もしうっちーが言ってた時で終了してたら1-0だったよ。
審判ありがとう。

大宮の弱点はもうすぐ試合が終わる時・・・・
かつて浦和もロスタイムに点を取られ続けてた。
勝ったけど、やな事思い出させてくれるなぁ。

埼玉スタジアム2002 35059人     主審:吉田寿光

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »