« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

Jリーグ 第16節 vs ventforet

2006年07月29日

060729_reds_b1 甲府は今年J1に来たチームなので
甲府へ試合を見に行くのは当然初めてだ。
今回はスタジアム入りがギリギリになってしまったので
一番後ろの通路での観戦となった。

相手が全力で向かってくることは予想できているのに
相変わらず立ち上がりが悪い・・・。
想像以上に攻め込まれているし、パスがまったくつながらない。
いやーな予感がするものの、何とか勝ってもらわなければならない。
不安な気持ちのまま0-0で前半を折り返す。

後半もパッとしない流れが続く。
甲府に1点取られたときも「えーーー!!」というよりは
「あ、やっぱり・・・」って言う感じだ。
甲府サポーターの大歓声、すごーーくうれしそうだった。
「はぁ~・・・」ってため息を飲み込んでさらに声を出す。
そんなサポの期待にこたえるようにアレックスのシュートが決まり
同点になった!
(アレが頭怪我したとき、交代した方がいいんじゃん・・・とか
思ってごめんね!)
あと1点!!・・・・が取れない。
甲府の選手たちもだいぶ疲れが出てきて、いよいよ浦和の本領発揮?って
はずなのに、こっちもバテバテなのかどうにもゴールが決まらない。
そして幕切れ・・・・。

同点でも甲府チームも甲府サポーターも喜んでいた。
浦和側は・・・葬式??ってくらいシーンとしている。
選手が挨拶に来ても声援もなく、拍手もなく、シカト状態。
年に何度かは見る光景・・・激しいブーイングがないだけましなのか。

他のスタジアムで上位チームが軒並引き分けてくれたおかげで
順位は変わらず・・・でも、後ろから鹿島がヒタヒタと来てる。
31日にバイエルンとの親善試合があって(何でそんな
スケジュールにするのか!)本当にかわいそうだけど、
何とか乗り切って、12日のFC東京戦に備えて欲しい・・・・。
ナビスコがなくなった分、日程的には楽なはずだったのに
バイエルンだよ。
リーグ戦で優勝したいんだから、フロントももうちょっと
考えて欲しかったよ~、まったくさ。

スタジアムから甲府駅へ向かうバスの中にいた甲府サポの男の子が
「田中達也とかのプレーが見れるだけでもJ1に来た価値があるよ。」
って話してくれてた。
スタジアムも、はじまって以来の満員御礼だったらしく
試合開始前に、大変丁寧にお礼を言われるし・・・。
なんだかJRは新宿へ戻る特急を臨時で増発してくれてるし。
自分で言うのもなんだけど、恐るべしレッズ&レッズサポ

小瀬スポーツ公園陸上競技場:17000人  主審:山西博文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

Jリーグ 第15節 vs trinita

2006年07月26日(水)

今日は駒場で19時キックオフ・・・間に合わないけどとりあえず
ダッシュで会社を出る。
浦和に着いた辞典で19時過ぎてるし・・・で、そこから駒場まで
スタスタと歩く。
そのために会社でアクティブダイエットも飲んできたし。
この時間に歩いているといろいろなサポに会う。
走ってわしを追い抜いていく人もいればビールの缶を片手に
のんびり歩いていてわしに抜かれる人もいる。
スタジアムが近づくに連れサポの声が聞こえてくる。
いつも外で売っているマッチデープログラム売りも既にいなくて
早く来ると遠回りしないと入れてくれない入り口なんだけど
時間が過ぎてる時は近い方の入り口でも入れてくれる。
で、席に着いたのは既に前半30分くらいの頃だった。
まだ両方とも点数が入っていない0-0の状態。

どうしたんだー、この間とまた微妙に別のチーム??
大分の方がなんだか活気とやる気にあふれているぞ~。
よくないパターンに陥らないでくれ~。
と思っているうちに前半終了。
後半はアレに変わって相馬が入った、これで少しはリズムが変わるか?
どうした永井、どうした伸二・・・前節の勢いが
まったく感じられないぞ!
そして後半20分付近で伸二に変わってうっちー!!
しかもその10分後くらいにうっちーの絶妙なパスから達也のシュート!
見事にゴーーール!!で、1点取れました。
シュートを決めた達也もだけど、アシストしたうっちーに
他の選手たちが祝福ハグをしてくれてたのがすごくうれしかった。
うっちー、やったね~!!次はシュートも決めちゃえ~!!

その1点を守り抜いて無事に勝利を収めたけど
山岸の好セーブがなかったら3点くらい取られてたよ。
こっちは完全フリーの間違いない得点チャンスを2、3回は逃してたよ。
せっかくオシム監督が冗談ででも「浦和の選手、全部欲しい」とか
言ってくれてたんだし(ま、噂だけど)今日も見に来るとか言ってたのに
(本当に来たのかな?)何人かは完全に構想からはずれたと見たよ。
代表にたくさんとられるのはイヤだけど、一人もいないってのも
ちょっと寂しいしね。
坪井、伸二に加えて達也、長谷部、闘莉王、啓太あたりは
連れて行かれちゃうのかなぁ。

060726_reds_b2 お疲れ~!!

駒場スタジアム:16040人     主審:松村和彦

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年7月23日 (日)

Jリーグ 第14節 vs frontale

060722_reds_b1 今日の試合は厳しくなると思っていた。
そして本当に厳しかった~。
ただ、レッズの習性として絶対に勝てそうな
相手の時ほどへなちょこで、
強い相手の時は初めからものすごくいい動きを
したりする。
また、ジーコが来ていた時の試合は大抵勝ってる・・・。
そして今日はオシムが来ていたらしい。
そのせいもあってか、前節の負けが効いているのか
初めから猛烈にいい動きだった。特に伸二の動きはこの間の
新潟戦とは別人ですな。
ときどき相手にパスも出してましたが、本当によく走ってました。
闘莉王のDFもすごく良かった、今日は比較的DFに徹していて
次から次へと来る川崎の攻撃を体張って止めまくっていた。
そしてこれはもうだめかも!の一撃を山岸が好セーブ!!
ナビスコの川崎戦同様、息つく暇がないくらい攻守が続く。
そんな中でうれしかったのは去年足を骨折させられて
前節からようやく復帰を果した達也のお帰りゴール!
涙でました、やっと達也が戻ってきたんだなぁって
本当にしみじみうれしかった。
そして交代してすぐに永井のゴール。
右サイドの永井もいいけど、FWの永井が久々に見れてうれしかった。

ただ、暢久のわずか数分の間に2枚のイエローには納得がいかない。
(ジョージが主審と聞いた時になにかやらかしてくれるかな?
とは思っていたけど。)
いい動きをしていただけに暢久が抜けたら
リズムが変わってしまうのではないかと思った。
でも、今日のレッズは違っていた。
10人で後半も戦い抜いて、勝利を得たのはすごくうれしかった。

また今日も出てしまいました「くそったれコール」
怪我から復帰したばかりの達也に対してはサポーターも
神経尖らしてるからね。
達也にタックルかましてきた某選手への怒りコールでした。

26日に大分、29日に甲府、31日に親善でバイエルンミュンヘンと
試合が続く。恐らく今日の試合で相当消耗していると思う。
大分や甲府なら簡単に勝てるなんて思ってると
痛い目にあってしまうので(何度もそんな思いをしている)
気を抜かないでしっかり戦ってもらいたい。
私たちもしっかりサポートして行こうっと。

等々力競技場:23005人        主審:柏原丈二

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

Jリーグ第13節 vs albirex

ま・け・ま・し・た~!!
コロコロシュートやら、隙間シュートにやられました!!!
1点とり返したのぶひちゃのシュートはかっこよかった~けどね。

今日はワシントンもポンテも長谷部も休みで大丈夫ですか?状態だったけど
骨折をしてずっと休んでいた達也が復帰するって言う事で
会社にいるときから心臓がドキドキしていた(働けってさー)
民放で放送されないから、浦和の某お店に行って友人たちと観戦。
ところが・・・肝心なところで何もかもが決まらない。
肝心なパス、肝心なシュート、肝心なディフェンス・・・。
選手は一生懸命なのにどうもうまく行かなくて
見てるほうも歯がゆいけど、やってる方もくやしかろう~。
って言う感じの試合だった。
そんなレッズの心の隙間を縫うようなシュートが決まっちゃって
結局負けてしまったわけですたい!

ま、こんな日もあるって事で済ませたいけど
次節フロンターレ・・・・・。
今日も鹿島相手に快勝してますな・・・・。
やや不安は残るものの長谷部だけでも次節は帰ってくるので
なんとかリズムを取り戻して欲しい~!!

新潟スタジアム:38592人 主審:家本政明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »