« Jリーグ第13節 vs albirex | トップページ | Jリーグ 第15節 vs trinita »

2006年7月23日 (日)

Jリーグ 第14節 vs frontale

060722_reds_b1 今日の試合は厳しくなると思っていた。
そして本当に厳しかった~。
ただ、レッズの習性として絶対に勝てそうな
相手の時ほどへなちょこで、
強い相手の時は初めからものすごくいい動きを
したりする。
また、ジーコが来ていた時の試合は大抵勝ってる・・・。
そして今日はオシムが来ていたらしい。
そのせいもあってか、前節の負けが効いているのか
初めから猛烈にいい動きだった。特に伸二の動きはこの間の
新潟戦とは別人ですな。
ときどき相手にパスも出してましたが、本当によく走ってました。
闘莉王のDFもすごく良かった、今日は比較的DFに徹していて
次から次へと来る川崎の攻撃を体張って止めまくっていた。
そしてこれはもうだめかも!の一撃を山岸が好セーブ!!
ナビスコの川崎戦同様、息つく暇がないくらい攻守が続く。
そんな中でうれしかったのは去年足を骨折させられて
前節からようやく復帰を果した達也のお帰りゴール!
涙でました、やっと達也が戻ってきたんだなぁって
本当にしみじみうれしかった。
そして交代してすぐに永井のゴール。
右サイドの永井もいいけど、FWの永井が久々に見れてうれしかった。

ただ、暢久のわずか数分の間に2枚のイエローには納得がいかない。
(ジョージが主審と聞いた時になにかやらかしてくれるかな?
とは思っていたけど。)
いい動きをしていただけに暢久が抜けたら
リズムが変わってしまうのではないかと思った。
でも、今日のレッズは違っていた。
10人で後半も戦い抜いて、勝利を得たのはすごくうれしかった。

また今日も出てしまいました「くそったれコール」
怪我から復帰したばかりの達也に対してはサポーターも
神経尖らしてるからね。
達也にタックルかましてきた某選手への怒りコールでした。

26日に大分、29日に甲府、31日に親善でバイエルンミュンヘンと
試合が続く。恐らく今日の試合で相当消耗していると思う。
大分や甲府なら簡単に勝てるなんて思ってると
痛い目にあってしまうので(何度もそんな思いをしている)
気を抜かないでしっかり戦ってもらいたい。
私たちもしっかりサポートして行こうっと。

等々力競技場:23005人        主審:柏原丈二

|

« Jリーグ第13節 vs albirex | トップページ | Jリーグ 第15節 vs trinita »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105084/11062983

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ 第14節 vs frontale:

« Jリーグ第13節 vs albirex | トップページ | Jリーグ 第15節 vs trinita »