« 奥の手 対ブラジル戦 | トップページ | 国民性? »

2006年6月24日 (土)

意識の相違

ジーコは代表というチームを作りたかった、
どんなに批判されても、ある程度のメンバーを固定したのは
代表というクラブチームを作りたかったんだと思う。

代表は所詮寄せ集めのチームでインスタントな感覚が強い。
それ故に、クラブチームのような信頼関係で成り立つような
プレーが少なく、特に日本の代表はラッキーに支えられて来たと思う。

そんなジーコの思いを理解できていた選手は
ヒデと川口だけだったのではないか。
そして他の選手は「自分は代表からはずされない」という
おかしな自信になっていたのだと思う。
W杯に出られることがゴールになっていたような感じで
そこからが本当のスタートだってことが理解できてないようだ。
それは大学に入れば、後は遊んでていいと思っている
日本人気質そのままなんだと思う。

クラブサポ達が代表の試合を今一つまらないと思ってしまうのは、
プレーの連携などがほとんど出来上がっていなくて
チーム一丸となる姿が皆無だからなのだと思う。

ナビスコ杯のレッズVSフロンターレ戦の方が、
代表戦の100倍おもしろかった。
ものすごい緊張感と、スピードにあふれていた。
最終的にレッズはフロンターレに負けてしまったが
「選手は本当に頑張ったけど、負けてしまった。お疲れ様!」という
妙なすがすがしさがあった。

代表戦を見ていて「今日は本当に緊張感あふれるいい試合だ」と
思った事がない。
「どう?おれってうまい?」
「どう?おれってかっこいい?」感があふれまくっていて
「何が何でも勝つ!!絶対勝つ!!」感が皆無に近い。
その姿は「○○選手、かっこいい~!!」的人達とマスコミには
受けると思うが、サッカーを愛するサポーターからは
嫌われる一方だと思う。

ジーコは長い事日本にいたのにそんな日本人の心が読みきれなかった。
自分の信頼に選手は答えてくれると信じていた。
そんなジーコが本当にかわいそうになってきた。
そしてヒデと川口にはお疲れ様を
他の選手たちには「もっと走れー!体力つけろー!」と言いたい。
「俺ってかっこいい?」はその後についてくるもんだ。

今日、選手達は帰ってくるはずだ。
フランス大会後のようなことが起こるのか?起こらないのか?

|

« 奥の手 対ブラジル戦 | トップページ | 国民性? »

コメント

ノエルさん、こんにちは。
意識の相違、ということは、私も気づいていました。
これを理解していたのは、ヒデと川口だけではないか、ということなのですが、これは理解ではなく、『才能』なんですよね。理解と才能の違いは、どの分野にも出てきますが、人間はうぬぼれが、その開眼を妨げる、という思いをよく持ちます。

今回の敗北(選手の多くにとって、自分自身にも負けたわけで)から、この開眼に到達する選手が何人出てくるか・・・ここに日本チームの未来がかかってる気がします。

ところで、次期監督の予想を書いて下さい。たびたび見に来ます。

投稿: まお | 2006年6月24日 (土) 15時02分

まおさん
無事に選手たちも帰国したようですね。

次期監督は川淵キャプテンがばらしてしまいましたが
現ジェフ・ユナイテッド千葉監督のオシムにオファーを
出しているそうです。
彼が了承すればまずそれで決まりでしょう。

海外に出していたオファーは今回の日本チームの試合で
軒並断られてしまったとか。
でもジーコには欧州からたくさんのオファーが来てるそうです。

投稿: ノエル | 2006年6月24日 (土) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105084/10655661

この記事へのトラックバック一覧です: 意識の相違:

« 奥の手 対ブラジル戦 | トップページ | 国民性? »