« ヤマザキナビスコカップ準々決勝 vs frontale | トップページ | ワールドカップ1次リーグ 日本 vs クロアチア戦 »

2006年6月13日 (火)

ワールドカップ1次リーグ 日本 vs オーストラリア

やられましたにゃ・・・・。
前半1点リードしたものの、試合の流れとしては完全にオーストラリア。
いつ得点されてもおかしくない状況が長く続く。
この時点で手を打たない監督もどうかと思う・・・。

日本の行政と同じで事件が起こらないと動かない・・・
起こってからじゃ遅いんだって。

などといやみなことも言いたくなる采配ぶり。
何もかもが後手後手のみっともない試合展開になっていた。
川口ときたらまるで練習用のGKみたいに
やれフリーキックだ(ゴル前でファウル取られるな!)
コーナーキックだ、シュートだ・・・の雨あられ状態。
それでも何とかしのいでいたけどさ。

後半は日本選手の足もかなり動きが悪くなり
終了間際が危ないんだよなぁと思っていたらやられまくりました。
あと10分ってところで追いつかれて、「最悪のパターン?」
等と話している矢先にもう1点・・・でもってさらに1点。
追いつかれた時に日本の選手は呆然としてた。
まだ時間があるのにもう終わったって顔になっていた。
いつまでたっても「勝ちたい!」という気持ちの少ないチーム。
だから大事なときにはいつも負けちゃう。
同じくらいの力量があっても勝ちたいという強い気持ちのあるチームには
勝つことが出来ない。
オーストラリアのFWビドゥカを見てた?得点したいって言う気持ちが
全身に現れてたよね。(結局得点できなかったけどさ)
それに比べて日本のFWはどうなの??
ゴール前であんなにパスばっかりのチームも珍しいよね。

クロスの精度も低すぎる。
せっかくいいところまで切れ込んできてもあげるクロスが
ちゃんと狙えてないから(ただあげてるだけ)
相手選手も怖くないと思うよ。

中盤もなんど相手にパスしたことか。
インターセプトされるんじゃなくて、相手にパスしてたよ。
相手にパスしてどーすんだよ!

前半がんばってた川口も相変わらずの飛び出しで点を取られる。
あの飛び出しで何点取られたら気が済むんだろう。

と、今日の失敗は過去のいろいろな試合での失敗と何ひとつ違わない。
「選手の勝とうという気持ちの希薄さ」
「得点力不足」というか「ゴール前でシュートしない」
「足元へのパス」
「無茶なパス」(どんな超人なら追いつけるってんだいってやつ)
「ただあげてるだけのクロス」
「飛び出すGK」
「終了間際の集中力欠如」

と、言い出したらきりがない。
がむしゃらにやってそれでも負けたんだったら
「あんなにがんばったのに、くやし~!!」って思うんだけど
この試合は
「仕方ないよね、相手のやる気が勝ってたしね」っていうあっさりモード。
負けるのは仕方ないけど
「あ~!!!くやし~~!!」っていう試合をしてほしい。

このワールドカップへの道のりも日本代表を弱くしていると思う。
マスコミにちやほやされるスポーツはどんどん弱くなっちゃうんだけど
サッカーもその道へまっしぐらって感じだ。
選手一人一人への過剰評価。
この間の冬季五輪なみの扱いに正しいサッカーファンは
「おいおい、この選手はそこまですごくねぇだろ」と
何度も突っ込んでいただろうと思う。

ここで惨敗して目を覚ますって事も大事だけど
仮にアジアのチームがリーグ戦で全滅すると次回のアジア枠が
減ってしまう可能性があるんだよね。
それでは予選でうかつにも日本に負けてしまった国の方々にも
申し訳ないってもんだ。
クロアチア、ブラジル・・・どちらも勝てる見込みは少ないけど
何とか勝ってもらいたいと思う。

|

« ヤマザキナビスコカップ準々決勝 vs frontale | トップページ | ワールドカップ1次リーグ 日本 vs クロアチア戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105084/10507596

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ1次リーグ 日本 vs オーストラリア:

« ヤマザキナビスコカップ準々決勝 vs frontale | トップページ | ワールドカップ1次リーグ 日本 vs クロアチア戦 »