« 折鶴計画 | トップページ | Jリーグ 第29節 vs frontale »

2005年10月23日 (日)

Jリーグ第28節 vs ardija

10月22日051022_reds_b1

リスとコバトンの先導で選手入場~!
コバトン~、浦和の応援にも来てください~~!!!

今日の試合は誠にすばらしかった!!
いつもものすごい運動量で私たちを魅了している長谷部はその中でも
達也の魂が融合しているようかのような動きだった。
得点を入れた、アレックス、闘莉王、マリッチはもちろんだが
後半ほとんど捨て身のようになって攻撃してくるアルディージャに
うっちー、堀之内、坪井、闘莉王(大活躍!)が鬼のような形相で
阻止に入る。そしてその後ろにはこれまた都築が仁王立ち状態。

アルディージャは現在降格圏内にいるのでもう一試合だって
負けてる場合じゃないだろう。そのせいか当たりも激しく
見ているほうはまた誰か怪我してしまうのではないかとヒヤヒヤした。
永井、啓太が後半足がつってしまったようで永井は交代、啓太はほとんど
終了間際だったのでピッチから出ただけだった。
永井が足つってピッチの中で苦しんでいた時、アルディージャの選手たちが
永井に「外へ出ろ!」審判に「外へ出せ!!」と猛抗議しているようだった。
こちらがリードしていたので必死だったんだろう。
担架を待たずにお尻を少しずつずらしながら「よいしょ、よいしょ」って言う感じで
一人でピッチの外へ出る永井の姿がかわいかった。

今日は埼玉スタジアムでの試合だったが浦和がアウェイだった。
8.5対1.5ぐらいで浦和サポーターの数のほうが多かったと思う。
浦和市と大宮市は今は合併してしまって「さいたま市」になっている。
同じ「市」の中に二つのサッカーチームがある訳だ。

アウェイの応援はサポーターのまとまり感がホームの試合よりずっとある。
今日はバックスタンドロアの観客もたくさんの人が手をたたき、声を出し、
タオルを振り、応援に参加していたと思う。
同じスタジアムなのに今日の応援はまとまっているなぁ・・・と率直な感想。
それでまたシーチケ保持者に攻撃がくるのかなぁとちょびっと恐怖。051022_reds_b2

お疲れ様でした~。

試合後、いつもの勝利の雄たけびの後「達也コール」
泣きました!!泣きながらコールしました。

さいたまスタジアム2002:30038人

|

« 折鶴計画 | トップページ | Jリーグ 第29節 vs frontale »

コメント

初めまして☆
TBさせてください。
ダービーはやっぱ熱くなりますね。
来年もさいたまダービー見たいデス。

投稿: kiteretsu | 2005年10月23日 (日) 10時55分

こんばんは。
どーしてもはずせない私用で行けませんでした。
勝って良かったっ良かった。
ビデオの予約録画を間違えて、試合が観られませんでした・・・(泣
川崎戦は久々に観戦・・・いや、参戦です!嬉しー!!!
川崎強いですね、日曜日に試合TVで見てちょっとビビってた。
なにが何でも勝たねば、と逆に気合いも入りましたです。

・・・コバトンに会えたんですね、うらやましい〜〜〜〜。

投稿: ねこのかいぬし | 2005年10月27日 (木) 02時28分

ねこのかいぬしさま
それがねぇ、当日の午後に「今日のキックオフは何時だったかな?」(のんきすぎ)と
チケットホルダー見たら一番上が「川崎戦」。「しまった今日はアウェイだった~」と
チケのないことに気づく・・・。で、当日券で入ったんですけど、ギリギリでした。
だからコバトンを堪能できなかったんです。早くからスタジアムに入っていた友人が
(浦和サポが)「リスが来るとブーイングだったけど、コバトンには拍手していたよ~。」と。
うちはレディアも来ないことだし、時々コバトンでも呼んで欲しいですよね。
まあ、あまりレッズらしくなくなっちゃうから仕方ないかぁ。
・・・しかも前日に一生懸命作った鶴も持って行くの忘れちゃうしさ~。
次節忘れないようにしなくっちゃ!はりきってサポしましょうね!!

投稿: ノエル | 2005年10月27日 (木) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105084/6526329

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ第28節 vs ardija:

» アレックスを高い位置で使う [Life is a mess.]
昨日は、さいたまダービー。 非常にカッチョワルイ響きですが、気にしない、気にしない。 やっぱ熱いデス。 結果から言うと、アウェイの浦和が3−1で勝利して、大宮に借りを返しました。 まず、前節出場停止で疲れの抜けたアレックスが切れてました。 代表では不慣れなSBやらされてますけど、守備負担のやや軽い高い位置でプレーするとのびのびしてマス。 1点目は開始早々に25m級のFK直接叩き込んだし、 2点目はキックタイミングずらしたトリッキーなCKが闘莉王にドンピシャだし、 それ以外のC... [続きを読む]

受信: 2005年10月23日 (日) 10時58分

« 折鶴計画 | トップページ | Jリーグ 第29節 vs frontale »