« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日)

Jリーグ 第29節 vs frontale

2005年10月29日

前節に忘れた達也への鶴を持ってさいスタへ。051029_reds_b1

キックオフの前に都築、闘莉王、坪井、うっちーの4人で
気合を入れあっていた。
「今日は無失点で押さえようぜ!!」という気迫。
キックオフの後、うっちーに指導する闘莉王、
「ああいう場合は、こうだろ、こう」と体で表現。
うっちーもそれを見て「わかった」みたいな表情。
・・・闘莉王のほうが年上に見える・・・と私の感想。

今日の試合もすごかった~。
一番すごかったのはたぶん皆さんそう思ってると思うけど審判。
どんな基準で判断しているのかがよくわからなかった。
試合の流れを読まない笛の吹きっぷりだったので両チームの選手とも
ストレスがたまったと思う。マリッチが切れ掛かったがアレックスが懸命に
止めに入って「ああ、チームメイトなんだねぇ・・・」と妙なところで
感心していたりした。
試合は審判のせいで流れの悪い、よくわからないカードの嵐と
入ったはずのゴールがノーゴール判定だったおかげでレッズが勝った。が
あの川崎のゴールがどうしてノーゴールだったのか未だによくわからない。
そのおかげで勝てたといえばそれまでだけど、何となくスカッとしない。

Jリーグの審判問題は結構なところまで来ていると思う。
審判には感情的にならず、自分のルールをしっかり守って判定して欲しい。
他の審判が取るところを取らない、取らないところを取る、という基準は
個人の勝手だが、同じ試合の中の同じようなプレーでさっきは取ったけど、
今のは取らない、というのはやめて欲しいと思う。
自分の判断基準を明確に持って、粛々と判定していって欲しいと思う。

今日の試合の中で印象的だったこと
左サイドを駆け上がるうっちー。
アレックスにパスをした後、がーっと駆け上がっていった。
「アレ、うっちーへ」と思ったがシカトでした。(よくあることだけど)
周りにも「内舘にだせ」とつぶやいている人がいて、
心の中で(ですよね~)って答えていた。
でも、めげずに駆け上がるうっちー、やっぱうっちー最高!!
次節もがんばってください~!!
(今日は内舘コールもあってうれしかった)
051029_reds_b2

おつかれさま~!!

ヒーローインタビューを頼むお姉さんに
「今日は俺じゃないでしょう」と言っている様な闘莉王。
さっさと下がろうとしているアレックスを呼び止め、
こっちこっちと手招き、そしてアレックスと二人でヒーローインタビューへ。
「今日は僕を見に来てくれてありがとう」のアレの台詞には笑った。

帰りに達也への鶴を提出しにブルーシートのところへ。
雨もやんで本当に良かった。
一人一人に「お預かりいたしました」と丁寧に受けてくれる。
一晩あけて集まった総数を見ると164000羽だそうだ・・・・。
164個の千羽鶴、すごいなぁ~・・・。それを集めてまとめてくれてる
有志の人々に感謝。本当にありがとうございます。

さいたまスタジアム2002:37593人

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月23日 (日)

Jリーグ第28節 vs ardija

10月22日051022_reds_b1

リスとコバトンの先導で選手入場~!
コバトン~、浦和の応援にも来てください~~!!!

今日の試合は誠にすばらしかった!!
いつもものすごい運動量で私たちを魅了している長谷部はその中でも
達也の魂が融合しているようかのような動きだった。
得点を入れた、アレックス、闘莉王、マリッチはもちろんだが
後半ほとんど捨て身のようになって攻撃してくるアルディージャに
うっちー、堀之内、坪井、闘莉王(大活躍!)が鬼のような形相で
阻止に入る。そしてその後ろにはこれまた都築が仁王立ち状態。

アルディージャは現在降格圏内にいるのでもう一試合だって
負けてる場合じゃないだろう。そのせいか当たりも激しく
見ているほうはまた誰か怪我してしまうのではないかとヒヤヒヤした。
永井、啓太が後半足がつってしまったようで永井は交代、啓太はほとんど
終了間際だったのでピッチから出ただけだった。
永井が足つってピッチの中で苦しんでいた時、アルディージャの選手たちが
永井に「外へ出ろ!」審判に「外へ出せ!!」と猛抗議しているようだった。
こちらがリードしていたので必死だったんだろう。
担架を待たずにお尻を少しずつずらしながら「よいしょ、よいしょ」って言う感じで
一人でピッチの外へ出る永井の姿がかわいかった。

今日は埼玉スタジアムでの試合だったが浦和がアウェイだった。
8.5対1.5ぐらいで浦和サポーターの数のほうが多かったと思う。
浦和市と大宮市は今は合併してしまって「さいたま市」になっている。
同じ「市」の中に二つのサッカーチームがある訳だ。

アウェイの応援はサポーターのまとまり感がホームの試合よりずっとある。
今日はバックスタンドロアの観客もたくさんの人が手をたたき、声を出し、
タオルを振り、応援に参加していたと思う。
同じスタジアムなのに今日の応援はまとまっているなぁ・・・と率直な感想。
それでまたシーチケ保持者に攻撃がくるのかなぁとちょびっと恐怖。051022_reds_b2

お疲れ様でした~。

試合後、いつもの勝利の雄たけびの後「達也コール」
泣きました!!泣きながらコールしました。

さいたまスタジアム2002:30038人

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年10月16日 (日)

折鶴計画

田中達也選手回復に向けて折鶴計画が発動されるようです。
下記サイトを参照にして、協力できる方は是非してください。
http://reds.ojaru.jp/

大宮サポの方、オレンジの折鶴でも大丈夫なようです。

今回の計画でNGな色は黄色(当然だ)と黒(縁起悪い?)のみです。

用紙の企画など細かい事が書いてありますので是非読んでから参加してください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

達也からのメッセージと診断結果

■05.10.16 [ 田中達也選手の診断結果について ]   
昨日のJリーグ第27節vs柏レイソル戦(駒場スタジアム)の後半に負傷いたしました田中達也選手の診断結果が判明致しましたので、下記の通りお知らせ致します。
1.診断名:右足関節脱臼骨折
2.全治:約5~6ヶ月
3.その他:患部の腫れ具合をみて今週中にも手術を行なう予定です。

■05.10.16 [ 田中達也からのメッセージ ]   
浦和レッズ、そして田中達也を応援してくださるファン・サポーターの皆様へ

「昨日、柏レイソルとの試合中に土屋選手との接触で怪我をしてしまい皆様にご心配をおかけしています。怪我をした直後はショックと痛みで冷静さを欠いていましたが、時間が経つにつれ平常心を取り戻しつつあります。これからは気持ちを切り替えて一日でも早くピッチへ戻れるようリハビリに務めていきたいと思っています。しばらくの間、皆様の前でプレー出来なくなってしましたが、今シーズンは、まだ終わった訳ではないですし、今まで通り熱い声援をよろしくお願い致します。そして、柏レイソルと土屋選手への誹謗中傷はおやめくださいますよう合わせてお願い致します。我々、プロサッカー選手は常に全力でプレーし、皆様に最高のプレーをお見せすることに務めています。その上でのアクシデントは付き物だと私も十分理解しています。土屋選手にも昨夜、怪我については気にしないようにと伝えていますので、どうぞご理解下さい。それが、今一番の気がかりとなっています。最後に、必ずピッチに戻りますので、また、応援よろしくお願い致します」

浦和レッズオフィシャルHPより
http://www.urawa-reds.co.jp/

ううう・・・達也はいい人だなぁ。確かにサポーターの中にはおかしな正義心に取り憑かれちゃう人もいそうだからなぁ。『必ずピッチに戻ります』を信じて待っています。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005年10月15日 (土)

悲しみの試合:Jリーグ第27節 vs reysol

今日の試合は7-0の大勝利、マリッチのハットトリックと本来ならば
喜びの試合になるはずだった・・・が深い悲しみの試合になってしまった。

後半、田中達也が倒された。私は倒されたところは見ていなくて
達也が倒れていたので大丈夫か~と、双眼鏡を向けた。
達也の右足が明らかにおかしかった。達也の姿を見た他の選手も頭を抱え込んだ。
達也を倒した相手選手も頭を抱えてショックを受けていたようだった。
ひざに対してつま先が90度外側に向いている、何度見てもそう見える。
「折れた・・・、どうしよう。」涙が止まらなくなった。
達也の顔は苦痛にゆがんでいたが、その足の状態を見てしまった。
絶望的な達也の顔が忘れられない。

その後の試合は、もう何が何だかわからなくなってしまった。
手をたたいたり、声を出したりしてはいても、試合の内容はよくわからなかった。
とにかくもう早く試合終了になって欲しいと思った。
達也の顔を思い出すたび涙が出た。

達也の足は復帰できるほどに回復するのだろうか?
彼のサッカー選手としての人生は大丈夫なのだろうか?
右足腓骨骨折っていう発表になっているけど、
もっと重症なのじゃないかと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »