« Jリーグ第25節 vs f-marinos | トップページ | 達也からのメッセージと診断結果 »

2005年10月15日 (土)

悲しみの試合:Jリーグ第27節 vs reysol

今日の試合は7-0の大勝利、マリッチのハットトリックと本来ならば
喜びの試合になるはずだった・・・が深い悲しみの試合になってしまった。

後半、田中達也が倒された。私は倒されたところは見ていなくて
達也が倒れていたので大丈夫か~と、双眼鏡を向けた。
達也の右足が明らかにおかしかった。達也の姿を見た他の選手も頭を抱え込んだ。
達也を倒した相手選手も頭を抱えてショックを受けていたようだった。
ひざに対してつま先が90度外側に向いている、何度見てもそう見える。
「折れた・・・、どうしよう。」涙が止まらなくなった。
達也の顔は苦痛にゆがんでいたが、その足の状態を見てしまった。
絶望的な達也の顔が忘れられない。

その後の試合は、もう何が何だかわからなくなってしまった。
手をたたいたり、声を出したりしてはいても、試合の内容はよくわからなかった。
とにかくもう早く試合終了になって欲しいと思った。
達也の顔を思い出すたび涙が出た。

達也の足は復帰できるほどに回復するのだろうか?
彼のサッカー選手としての人生は大丈夫なのだろうか?
右足腓骨骨折っていう発表になっているけど、
もっと重症なのじゃないかと思う。

|

« Jリーグ第25節 vs f-marinos | トップページ | 達也からのメッセージと診断結果 »

コメント

こんばんは。
テレビで見ていて息が止まって、涙が出てきました。
伸ちゃんの時のことを思い出して、震えも出ました・・・。
またあんな辛い思いをする選手が出るなんて、たまらない気持ちでいっぱいです。
浦議では普通なら3ヶ月くらいかかるケガだとか・・・。
今季絶望。
あんな危ないタックルもうやめて欲しいです!

投稿: ねこのかいぬし | 2005年10月15日 (土) 23時21分

ねこのかいぬしさま
本当に辛い試合になってしまいました。
こんな大量得点の勝利なのにひとつもスポーツニュースや
スパサカを見たいと思いません、普通ならどれもこれも見たいと思うのに。
でも、達也の情報が知りたくていくつか見ました。(画面は見れませんでした)
「足首骨折」と報じている所がありました。
多分、足首のどの部分かによってかなり状況が変わりますよね。
どうか彼の選手生命を断ち切るような部分でない事を願います。
復帰の時は大きな拍手で迎えましょう(きっと泣いちゃうと思うけど)

今はまだショックで、眠る事が出来ません。
寝ようと思ったんだけど、脳裏に光景が浮かんでしまって
ちょっと無理そうです。
もう少し落ち着いてから布団に入ることにします。

投稿: ノエル | 2005年10月16日 (日) 01時13分

久しぶりの駒場で勝利の美酒を味わう気分にもなれずにまっすぐ帰宅した私もショックで5時まで眠れませんでした。
右足腓骨骨折と聞き、私も経験者。余計に眠れなくなったんだと思います。私はそのほか2箇所骨折していたので72日の入院、走れるようになるまで半年かかりました。私はアスリートでもないし、20代後半で若くもなかったしちゃらんぽらんなリハビリでこんな感じでしたが、達也のこれからの苦労を考えるとくやしくてたまりません。
でもでもいつまでも待ってます!どんな時でも貪欲にゴールを目指す達也が大好きなので。ワールドカップもレギュラーとして活躍してくれることを願ってやみません。

投稿: あやまろん | 2005年10月16日 (日) 12時16分

あやまろん様
本当に怪我はしないに越した事はないですよね。
私も右ひざ内側靭帯損傷したとき2ヶ月入院、ギブスをはずして
正座が出来るように膝が曲がるのに半年かかりました。
その後普通に暮らしていますが、違和感ありまくりです。
怪我した後は怪我した後の暮ししか出来ないんだなと思います。
怪我する前には戻れない・・・。
そう思うとあのタックルさえなければ・・・と余計に思います。

今日のオフィシャルには達也からのメッセージが出ていて
また涙が・・・・。
私たちはいつまでも達也を待って、ピッチに戻ってきたら
大きな拍手と歓声で迎えてあげましょう。

投稿: ノエル | 2005年10月16日 (日) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105084/6412812

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみの試合:Jリーグ第27節 vs reysol:

« Jリーグ第25節 vs f-marinos | トップページ | 達也からのメッセージと診断結果 »