« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月25日 (日)

Jリーグ第25節 vs f-marinos

20050924

トリコロールカラー軍団がやって来ました。
横浜の町には合う色なのかもしれないけど、浦和美園には合いませんな。
台風の影響で雨が降ったりやんだりなのでトリコロールカラーの傘をさして
歩いているマリサポさん達をやや冷ややかな目で眺めつつスタジアムへ。050924_reds_b1

もう負ける事は許されない浦和レッズなんだけど、マリノスも今年は
低迷しているので(もう優勝戦線からは脱落している)これ以上
順位を落とすのはプライドが許さないだろうと思う。
(昨年のチャンピオンですから)

キックオフしてから双方ともにいい緊張感のゲームだったと思う。
大好きなうっちーはベンチスタートになっているけど
ネネ、堀之内、坪井のディフェンスはいい感じに落ち着いていた。
時々ネネが上がっていって攻撃に加わるが、戻りっぷりも良かった。
途中、坪井が負傷(脳震盪&むち打ち?)でうっちーの出番がやってきた。
がんばれうっちーー!!

今日も長谷部が大活躍。達也も大活躍なんだけど、中澤~!!!!
中澤さえいなかったら・・・なシーンが何度もあった。
敵ながら毎度の事、天晴れな奴だと思う。
その力は代表戦に主に使って欲しくって、レッズ戦ではあまり使わないで欲しい。

アレックス、永井はボールをもうワンテンポ速く離して欲しい。
他の選手がとりに行かないからなのか、離さないから取りに行かなくなってるのか
その辺のことはわからないけど、リズムを読まれてしまっていると思う。050924_reds_b2

試合は結局0-0で終了してしまったけど、引き分けるような試合流れではなかった。
とにかくシュートを打ってくれ~。出来れば枠に打ってくれ~。
CKもFKもとにかく枠にめがけて蹴っちゃってくれ~と強く思った。

埼玉スタジアム2002:49800人

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

Jリーグ 第23節 vs trinita

今日の試合を私は「不幸の試合」と呼ぶことにしよう。
なんだかすべてのタイミングがちょびっとずつずれていた。
そういう時ってあるんだけど、やっぱり相手が格下で
絶対負けるわけないし~・・・って言う気持ちからそうなっているように
思えてならない。
連敗中のチームの連敗ストップに一役買うのは得意だと思う。050910_reds_b1

試合開始前に「威風堂々」

この試合の最大の不幸は2点目を取られる前、坪井が足を痛めた。
坪井はベンチ方向に大きくバッテン、うっちーも一緒に大きくバッテン。
南側で見ていた子の話によると都築もバッテンをベンチに出していた。
その頃FW陣は気づかずに攻撃中。相手にカットされてボールは
一度外へ出た。ここで試合を止めて交代していたら2点目の失点は
なかったと思う。
永井が急ぐようにスローイン、ゴール前でもたもたした後
相手ボールに。坪井もうっちーもあわててポジションに戻るも
坪井は動ける状態ではない、坪井のカバーに中途半端に前に出てしまった
うっちーもあっさりループパスでかわされる。
ネネも急ぐが間に合わず。
中盤で山田がもう少しがんばってボール外に出しちゃってくれたら
良かったのに。永井が気づいてスローインを待ってくれたらよかったのに。

と、そんな感じでなんだかタイミングがずれっぱなしの試合でした。
2点とられた後、ギドがエンゲルスの事すっげー怒ってたように見えた。
ギドはFWに目が行ってて坪井の事気づかなかったんだと思う。
エンゲルスは気づいていたんじゃないかな。

ああ~、くやしい・・・・・。

でもうっちーが一生懸命バッテンしている姿はかわいかったな。
坪井を指差してバッテン、坪井を指差してバッテン、バッテン。
ベンチは反応しているように見えてたんだけど。

坪井がひっくり返ってのた打ち回っていればよかったんだけど
立ち上がっちゃってたからなぁ。
ほんと、こういうときは演技でもいいからアピールした方が
試合を止めやすいと思う。

そんな残念な試合になってしまいました。

負けるといつもDFのせいにされる事が多いけど
シュートが決められない人達も何とかがんばって欲しいよ。
今日も何点かは「入らなくて、どうすんじゃ」ってのがあったような。
FW衆は歌も歌ってもらえて、サポの後押しも多いんだから
がんばって決めてください~。050910_reds_b3

きょうも、またブーイングの嵐。
でも、わしと少しの人は拍手をしていた。

埼玉スタジアム2002   35198人

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »