« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月29日 (月)

Jリーグ 第21節 vs grampus

2005/08/27

はい!来ました瑞穂陸上競技場!
暑いです。そして多くのレッズサポが駆けつけこちらもかなり熱いです。
ここの競技場はアクシデントが起こったときにすぐに逃げ出せない
そんな作りになっています。もっとたくさん出口作ってくれ~。050827_reds_b1

今日はスタメンからうっちーがはずれています、シクシク。
腰を痛めているようなので、無理はしないでほしいのですが
一応サブには入っています。達也もサブに入っています。

シャチ(グランパス君)は元気にお仕事しています。
ピンクのシャチもいるけど愛人?・・・なわけないですね。
奥さんらしきシャチは黒いけど頭にリボンつけてるのがいるから
そっちかと・・・ピンクは何者でしょうか。

先日の日本平もだけどここもどういうわけかあまり勝てない場所です。
日本平を無事勝利で終えているので今日も勝ちを取りにいかねば。
サポートする声にもいっそう力が入ります。

ゴル裏で見ていると前半相手ゴールが遠い・・・。
しかも前の方陣取ってるので何が起きているのかよくわからない。
なんか、入った???入ったの???入ったんだーーー!!!!と
16分に闘莉王のゴーール。あーー、勝てそうな気がする。
長谷部がいると中盤の落ち着き方が全然違う。しかも何人長谷部がいるのか
って言うくらいあちこちで長谷部がボールを奪う。
そういう時はあちこちで啓太も見かける。すごいぞ二人とも!!!!
名古屋には今年藤田と言ういい選手が入ってるのだが
藤田にまったく活躍するチャンスを与えない。っていうか藤田はどこにいるの?
とさえ思う。そうこうしているうちに30分マリッチゴーーーール。
これも「あれ???入ったのか???」って言う感じで若干時間差ありの
喜びだったけどマリッチのトップ初ゴーールで、涙が出そうになった。
今日はポンテコールとともにマリッチコールもしている。
義理堅いトミーの事だからきっと期待にこたえてくれると思っていた。

でもね、その後のPKはずしちゃったのはトホホだったかな。
トミーのファールもらってのPKだったから、トミーが蹴る事になったんだけど
ポンテは「自分が蹴るつもりだった」らしいよ。
「でも、トミーのファールからだったからトミーに譲った」と。
闘莉王も「自分が蹴るつもりだった」らしい。
「でも、トミーがボールをぎゅっと抱きしめていたから、
蹴るって言えなかった」らしい。

前半終了時、いい感じで浦和が攻撃中だったのに無情の笛。
ここで吹くか??と言うタイミングだった。
そのせいか闘莉王がボトルを蹴り、ベンチを蹴る。
(私の勝手な解釈だけどね)
後半開始時にこの件でイエローをもらってしまった。

後半は永井に変わってうっちーが入ったから
うっちーFWかと思ったら(笑)やっぱり守りを固める方向でした。
ちょっとヒヤヒヤの場面はあったものの無事無失点で勝利!!050827_reds_b2

勝利の雄たけびを上げていると、今年初(私が参加した限り)の
「浦和レッズカンペオン」も出た。
あーー、来た甲斐がありました~!!お疲れ様~!!

瑞穂陸上競技場:18817人

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

Jリーグ第20節 vs vissel

2005/08/24

「びた1秒だって残業はしない」と18時ジャストくらいに会社を出る。
それでも浦和まで約1時間、駅の東口でタクシーに乗ろうとするも
すごい列。で、結局駒場まで歩いた。(西口に出ればよかったかも)

既にキックオフしている・・駒場へ行く道でコールが聞こえてくる。
私のような遅刻組が何人も駒場への道を小走りで進んでいる。

駒場到着、15分くらいの遅刻で済んだよ~。
遅刻してくると試合の中に入っていくのに時間がかかる。
コールしつつ、スタメン確認。
「のぶひちゃがいないのは、初めからなのか、何かあって交代したのか」
そんなところもわからない。
あーー、神戸は何だかドン引きだねぇ~。
そうこうしているうちに、あれれ・・・1点取られる。
平瀬?平瀬ってあの平瀬?・・・などと違うところに気が行ってしまう。
そのうちアップに入ってるのぶひちゃ確認。
後半は出てくるのかな??

そして後半はアレが岡野に、友ちゃんがのぶひちゃに交代。
やっぱ、長谷部がいないのは痛いなぁ~。
長谷部ってホントすごいんだなぁと再確認。
それでも永井がゴールを決めて同点。
その後、また1点取られるも、ぎりぎりでポンテが決めて引き分け。

最下位チームに油断してるとしか言いようのない試合でした。
全体的に気が緩んでる感じで、誰が悪いとか言う問題じゃないと思う。
REDSは時々そういう試合になってしまう事があって
「あれ?この間と別のチーム?」とか「別の人?」とか。
そんなREDSが大好きだ~~~!!!050824_reds_b1

お疲れ様でした~!
次の瑞穂は絶対勝ってね~。

駒場スタジアム:16173人

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

Jリーグ 第19節 vs fc-tokyo

2005/8/20

今日からリーグも後半戦、前半を3位で折り返しているレッズは
優勝へ向けての大切な試合となる。
しかも相手はFC東京、これはいやでも力が入る!!

今日は累積で達也の出場はない。
マリッチとのコンビはもう少しお預けになってしまったけど
代表で腰を痛めているからここはゆっくり静養をして欲しいと思う。050820_reds_b1

選手入場~!!!!
その時北ゴール裏には大パジェロユニが!!!!!!
指定席観戦組から「おおーー」と歓声が上がる。
でかい!!でかすぎる!!
というより既に懐かしい・・・ううう・・・。050820_reds_b2

スルスルと真中通路に回収されると、今度は上段から
大ボーダユニが!!!!
す、すばらしい~、この時点で観客は大盛り上がり!
マリッチ、ポンテもナビスコの試合しか出ていないから
このリーグ戦へのサポーターの熱い思いを改めて感じてくれたと思う。
きっと今日はいい試合になるに違いない・・・・と
1人で勝手に解釈して大感動してました。

そして試合開始。
前半はFCのすばやい動きにやや押され気味。
おいおい大丈夫か~??と思っているうちに
あっという間に一点取られる。
ところが・・・ここからが本当にすごかった。
点を取られるとあせりも入って動きがばらばらになってしまうことが
よく見られる。今回もそれがまったくなかったわけではないが
すぐに動きが戻った。
そこからじわじわとレッズのリズムに取り込んでいく。
そしてポンテから永井のシュート!!!あ、涙が・・・。
がんばれ~、永井。
そのまま前半終了。
後半は完全に浦和のリズムと言ってもいいんじゃないかな。
また相手CK攻めにドキドキさせられるも、それよりもポンテの
ボール扱い、マリッチの動き、啓太と長谷部の輝きの方が
明らかに勝っていた~。
そして駄目押しのポンテのシュートが決まり、試合終了。
浦和の明るい明日が見える、本当に楽しい試合でした。050820_reds_b4

試合終了後現れた90年代大ユニ。さいスタでは小さく感じてしまうが
この頃は駒場がメインスタジアム(さいスタはまだなかった)だった。

050820_reds_b3
お疲れ様~~。

埼玉スタジアム2002   44400人(オフィシャルより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

ヤマザキナビスコカップ 準々決勝第2戦 vs s-pulse

050814_reds_b1 今日はホームでの試合の上に新しく入ったマリッチとポンテ出場で
ゲーム前からワクワクでした。
この間ボーダフォンカップでチラッと見た限りではかなり2人とも
いい雰囲気だったので今日は何かやらかしてくれるかも。

18:05キックオフ。
今日は山田の動きがナイス!!
「あーー、今日の山田はいい山田みたいだぁ」とつぶやく。
アレックスもすばらしい、多分相当疲れてると思うんだけど
右にも左にも攻守ともに参加している。
長谷部はもうピッチ中のどこにでもいるんじゃないかと思うくらい
走り回っている。
こりゃあ、めちゃくちゃ点が取れちゃう予感・・・だけど入らない。
相手がえらく守りを固めているせいもあるけど、シュート打つのに
丁寧になりすぎてチャンスをつぶしている感じがする。
マリッチはこちらの攻撃の様子を伺いながらあちこち走り回っている
走りすぎなくらいに動くから逆に合わせ難くなっているのかもしれない。
それはこれからの練習でいくらでも調整していけるだろう。
ポンテのボール裁きもすばらしい。すばらしすぎてまだそのタイミングに
うまくあわせられる人がいない。
それも達也が戻れば新たな展開になっていくような気がする。050814_reds_b2

スタジアムのど真ん中の空に半月が綺麗に収まっている。
ハーフタイムに撮ってみたのだけどうちの1万円デジカメでは
綺麗に撮れませんでした。残念!!

マリッチとポンテ、点は取れなかったが今後がますます楽しみになってきた。
後半やや疲れが見えてきた相手に長谷部がシューート!!
今日は引き分けでもOKな試合だったけど1-0で勝利。
文句なく準決勝進出。050814_reds_b3

なのに8月31日は試合を見に行く事が出来ない~!!
残念だ・・・。
お疲れ様でした~!!!

埼玉スタジアム2002: 31754人(オフィシャルより)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

ナビスコカップ準々決勝第1戦 vs s-pulse

2005年8月6日
来ましたーーー!!日本平。
ここはとっても狭いけど、選手がとても近くに感じますにゃ。

今日はセルヒオとカニの2TOPで、トップ下が長谷部・・・のはずなんだけど
いつの間にか長谷部の1TOPみたいな構図になってる。
中盤でボールを奪っても2人とも引きすぎちゃってて横や後ろでボールを
もらってる・・・。
君たちがサイドやっちゃってたら誰がシュートするんじゃ。
と、思うことが多かった。
全体的に異常なまでに下がっちゃってるように見えてたけど
後半の終わりの頃、闘莉王が何とか全体を押し上げようとしてた。
両手を広げてもっと前へ・・・のアピール。
カニとセルヒオがOUTになって萌ちゃん、西谷が入ってからは
どんびいちゃってもいいと思うけどそれまではもうちょっとラインを上げてた方が
良かったんじゃないかと思う。050806_reds_b1

結果は勝ちだったから「いいじゃんか」という事もいえるけど
カニとセルヒオがもっとゴール前でボールを受けるシーンが
見たかったと思う。

闘莉王の後半の後半はいつもおもしろい動きがある。
よくあるのがギドに向かって「俺を前に行かせてくれ」アピール。
ギドがうなずくとがーーーと前に走っていく。

今日はどうしても下がってしまうセルヒオを交代して欲しかったようだ。
ギドに向かってセルヒオを指差し柔道の教育的指導のように
腕をくるくる。ギドは両手でバッテンを作っていた。
(もし解釈を間違えていたらごめんよ闘莉王)
050806_reds_b2
おつかれさま~!!
今日大活躍だったのはやっぱり長谷部。
啓太も敵の動きを何度も消していた。

全体的にいい緊張感の中で試合をしていたと思う。
またしても試合終了間際にエスパルスの怒涛の攻撃があったが
無事クリア。でも、正直生きた心地がしなかったよ。

日本平スタジアム:12,572人

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »