無料ブログはココログ

« 犬猫一緒に避難所へ(友人Nちゃんの話) | トップページ | 2013年11月22日「飼い主向上委員会・準備室」発足します。 »

「倫理学から学ぶ動物の権利 第一回(講師;田上孝一)」に参加してきました。

「倫理学から学ぶ動物の権利 第一回(講師;田上孝一)」に参加してきました。
http://www.arcj.info/news/detail/id=316

まずはじめに「倫理とは何か」なのですが、これは「道徳」と同じ意味だそうで、倫理学と言うのは道徳哲学であり道徳の根拠を探求するものだそうです。

そして、「我々はどう生きるべきか」(ピーター・シンガーの著作の名称)が倫理学の究極のテーマとなっているとのこと。

倫理学の中には利巧主義と義務論と言う二つの立場があり、その違いは
利巧主義=行為の結果を重視。快楽やしたいことを出来るだけ満たし幸福になることが目的。自分だけでなく「最大多数の最大幸福」が目標。
義務論=行為の結果よりも内面的な動機を重視。結果を求めての行為ではなくなすべき義務を遂行すべし。

なぜ、上記の二つの立場が出てきたのかと言うと今回「動物の権利」を学ぶに当たり
利巧主義者であるピーター・シンガーと、義務論者であるトム・レーガンを比べつつ学ぶためでした。

---------------
旧倫理学の大前提

旧倫理学の大前提では人間と動物を完全に分けて考えていました。

それは人間には理性があるので尊いとか、キリスト教的伝統として「人間は神の似姿、故に特別。人間以外の存在は神によって人間のために創られた。」等の考えによるもの。
だが、人は神に慈悲深さを求めるのに人は動物に無慈悲である。人間はそれを食べなくても生きていけるのに「味覚の喜び」のためだけに動物を無慈悲に殺して食べる。

と、旧倫理学は「人間中心主義的」でありました。

--------------
こうした人間中心主義の問題点は、「人間には理性があるから特別」という根拠がそもそも曖昧で、例えば植物人間になってしまった人に理性があるのか、ないのならば人間ではないのか…という人間と他を区別するにはふさわしくないもの、合理的な根拠にはならないもの。
また肌の色の違い等で起こる人種差別も同じように合理的な根拠がない。
合理的な理由もなく人種だけで差別する人種差別(レイシズム)
合理的な理由もなく人間ではないというだけで差別する(スピーシーシズム)
人種差別が悪いものであるなら種差別も悪い、従って今日の動物に対する一般的常識は不正である。

「人間と動物を区切る合理的な理由」が無い…、人に生きる権利があるのなら動物にだってある。
人間には他者に殺されない生存権があるのに、人間が殺したいからと、大量に動物が殺されている。
同じように権利があるのに人間だけ尊重して動物を虐待するのは不正、動物も権利ある存在として扱わなければならない。

--------------------
そしてここらからが初めに書いたシンガーとレーガンなのですが、

シンガーは選好利巧主義:シンガーは無神論者だったのでキリスト教的「人間中心主義」に囚われていない。
選好(したいこと)があるものが対象なので植物は入らない。ただし人間が利用する多くの動物は明らかに感覚的存在なので対象。
人間のために多くの苦痛を強いられている動物は不正な状態である。

けれど、シンガーは利巧主義なので結果で何が得られ、何が失われるかと言うことが重要。
現行の動物利用のあり方が、それによって得られる利益と、失われる利益が釣り合わなければ批判するという考え。
例えば肉食は食べる必要のない肉を大量生産するために工場畜産により動物に多大な苦痛を与えているから悪なのであって、動物を食べたり殺したりすること自体は悪ではない。

また、動物実験や人体実験に関しても同じように「一つの命の犠牲によって、いくつもの命を救えることができ、他に方法がないのであれば実験は正である」という考え。

レーガンは義務論者:動物は「権利の主体」として人間同様、もっぱら手段として利用されてはいけない存在。
従って工場畜産はもとより、動物実験、動物園、サーカス、競馬等、動物を手段として利用することは原則禁止とするべきである。
と言う考え。

レーガンの言うような、本来の動物の権利論は、後継者であるゲイリー・フランシオンによれば
動物利用を一切なくそうとする「abolitionist approach(廃絶主義的アプローチ)」だとされる。

フランシオンによれば「動物の所有」と言う行為も「動物の権利侵害」であり、
人間を売買してはいけないように動物も売買してはいけない。

…という考え…。

---------------
はい、ここで困ったしまいました…。
私としては当然レーガンやフランシオンを支持したいところです。

が、売買はしてないものの、動物を所有しております。
猫なんて閉じ込めています…。

それともう一点、犬猫に動物性のものを食べさせています(工場畜産ものですね)

動物の権利についてはいわゆるペット(コンパニオンアニマル)についても難しいことたくさんありそうです。
(そあたりは次回になるのかな)

自分はビーガンな暮らしをしていても、犬猫はそうしない…と前から決めていました。
なぜなら自分は自分の意志でそうしているけれども、犬や猫がビーガンになりたいのか…という疑問があるからです。

そうは思っていても改めて突き付けられると…うーーん、うーーん…。

自分一人だったら簡単な問題なんだけど、犬猫がいると難しくなっちゃうなぁ…。

-------------
上の方に書いた文章はいただいたプリントから拾ったもので全文ではありません。
抜き出して書いているのでつじつまが合わないような部分があるかもしれませんが、こんな話を聞いたよと言う雰囲気だけでもわかっていただけらと思います。

また、今回の勉強会で、人と話す際に
「共感を得られないと説得も得られない」と言う言葉がありました。
これは常々感じているのですが一生懸命なあまり相手にひかれる…、聞いてもらえなくなる…という残念な結果にならないよう肝に銘じておきたいと思います。

第2回も1月に予定しているそうですので、興味のある方はアニマルライツセンターへ。
http://www.arcj.info/

« 犬猫一緒に避難所へ(友人Nちゃんの話) | トップページ | 2013年11月22日「飼い主向上委員会・準備室」発足します。 »

「動物のためにできる事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105084/58598918

この記事へのトラックバック一覧です: 「倫理学から学ぶ動物の権利 第一回(講師;田上孝一)」に参加してきました。:

« 犬猫一緒に避難所へ(友人Nちゃんの話) | トップページ | 2013年11月22日「飼い主向上委員会・準備室」発足します。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31